工作機械の、最も早く効果的な性能診断

 

ワイヤレスボールバー  QC-20W

 

工作機械の位置決め精度チェックと機械エラーの自己診断としても広く使用されているシステムです。

 

世界中の工作機械メーカで標準的な出荷検査項目となっています。

工作機械を円弧補間送り運動させ、その軌道データを取得し、機械が指令を忠実に実行しているかを診断します。


Bluetooth®通信

     取得したデータは、Bluetooth®通信によってデータをPCに転送します。

     従来発生していたケーブルが絡まるといったトラブルを回避し、

     作業性を一段と向上いたしました。

 

 


システム仕様

     測定分解能   0.1μm

     サンプリング   1,000点/秒

     測定可能半径  50~1350mm

 

 


パーシャルアークテスト

1回のセットアップで、X-Y , Y-Z , Z-Xデータの取得が可能です。

新設計されたボールマウントにより、センター軸を通過する

平面で220°のアークテストを実施します。

 

 


解析成分

ISO10791-6をはじめ、ISO230-4 , JIS B 6190 等の各規格に準拠した

テストデータの解析と表示、および機械誤差を自動診断いたします。

バックラッシュ、反転突起など最大15種の機械誤差値を算出します。

 

 


幅広い機械に対応

 

マシニングセンタ  /  放電加工機 /  レーザ加工機  /  フライス盤

旋盤  /  ロボット  /  X-Yステージ  /  三次元測定機   等

 


デモンストレーション

 

レニショーでは、操作・作業に長けたエキスパートによる実機を用いた

デモンストレーションを実施しております。

 

御社への訪問はもちろんの事、

弊社名古屋オフィスにて実際に工作機械における測定の

デモンストレーションを随時行っております。

 

ご希望の方は、下記のお問合せフォームからお気軽にご要望ください!


品質へのこだわり

 

レニショーは ISO 9001 に認証されており、

製造・販売からアフターサポートや校正設備まですべてを保証します。

 

すべてのレーザーシステムの校正は、

弊社もしくは英国国立物理学研究所(NPL)にトレーサブルな校正された

ヨウ素安定レーザシステムを使用し行われます。

国際規格にトレーサビリティ、校正規格に詳細及びテストシートを添付した

包括的な校正証明書が添付されます。

 


デモの依頼・お問合せ