生産設備の精度管理体制を要求される産業が拡大中

万が一事故になった場合に甚大な被害が発生することから、絶対的な安全性が必要な航空機や、単価が高額で1つの不良品でおおきな損出が生じる金型加工産業では、以前から部品加工サプライヤに対し、生産設備の品質管理体制が要求されてきました。

 

産業の流れが加速した昨今、生産設備への品質管理の要求は、航空機部品や金型加工産業に限った話では無くなってきています。

品質の向上とコストの削減を追求している自動車部品や、集中的な需要と季節変動の激しく納期遅延や不良品を許さない半導体関連の産業に広がりを見せています。

ボールねじの寿命が、セラミックス加工の悩み

電子部品や自動車に今や必ず使用されているセラミックス。

 

耐熱性や耐食性、耐摩耗性にすぐれた素材として注目されており、その需要は未だに伸びていますが、1つの大きな課題で加工メーカを悩ませています。

それは、加工粉による機械(ボールねじやリニアガイド)寿命の短命化です。セラミックスは無機物の微粉末を加熱処理し焼き固めた焼結体のため、加工した際に金属加工「切り子」とは異なるパウダー状の加工粉が発生します。

 

加工粉は非常に小径なため、高い防塵性を持つ蛇腹やシールでは完全に侵入を防ぐことは不可能です。ボールねじの内部に侵入した粒子、摺動面の異常な磨耗やボールの循環不良を引き起こし、ボールねじは短期間で寿命を向かえてしまい、精度悪化による不良品の製造や軸交換メンテンナンスなどの問題があります。

セラミックス加工に求められる、生産設備の精度管理体制

生産設備の精度管理体制の要求は、セラミックス加工への拡大も例外ではありません。

 

不良品が無く、高品質で安定した製品を供給される事は、コスト削減に大きく繋がり、それを保証できることは競合メーカに対して大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

レニショーのワイヤレスボールバーシステム「QC20-W」は、航空機部品メーカや金型加工メーカでは、20年以上に渡りスタンダードな保全方法として選ばれ続けています。

また、ほぼすべての工作機械メーカの出荷・据付作業や定期検査などの項目となして採用されているため、確かな信頼性と最も実績のあるシステムです。

作業時間は10分だから、工作機械の日常点検項目に最適

ボールバーは工作機械を円弧補間送りさせ、その円の軌跡を測定します。

その簡便さから、NC工作機械のISO・JIS規格の円運動精度試験方法として世界中で普及しました。

20年以上にわたり積み上げてきた信頼と実績

販売開始から20年以上経つレニショーのボールバーは、国際規格とトレーサブルな信頼性の高さと測定の簡便さから、世界中の工作機械メーカーで標準的な出荷検査や定期検査項目として採用されています。

機械ユーザーには日常点検の方法として世界中で何千ものボールバーがあらゆる規模や業種の企業で活躍しています。

興味を持った、すべての機械ユーザーへ

近年の産業界は厳しさの増す公差や生産スケジュールに加え、国際基準に準拠した品質保証(生産現場のトレーサビリティ)が求められています。不良の少ない安定した生産体制を築くうえで、機械の性能を監視することはこれまで以上に重要になります。

当セミナーでは、ただ機械の性能を監視する方法だけでなくトレーサビリティと信頼性を向上する知識を得ることができます。

すべてのセミナーは無料で実施しており、東京および名古屋の会場で随時募集しています。

ご興味のある方は、今すぐお申し込みをお願いいたします。


お問い合わせ

下記項目をご記入の上、お申込み下さい。確認後に、弊社担当者よりご連絡いたします。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。